記事一覧

GoogleIME その2

昨日は,連続研修会という研修会があり,行ってきました.
すでに,10回目を迎えあと2回で今期が終ります.
連続研修会とは,2年間にわたって,2ヶ月に1度ご門徒の皆様と共に浄土真宗の基礎について学ぼうという会なのですが,昨日は書記を勤めておりました.
先日,紹介したGoogleIMEさんが,大量に辞書を抱えていてくれるおかげで,いままで出てこなかった仏教用語の入力がとっても楽ちんという話はしましたが,昨日もっとすごいことを発見しました!!
ご講師の先生が,正信偈の御文を紹介したのを聞き,なにも考えずに打ったら出てきました!!その御文が!!

というわけで,正信偈の御文がどれだけ辞書にあるのかを調べてみることに!!

帰命無量寿如来
南無不可思議光
>法蔵菩薩囚位時
在世自在王仏所
覩見諸仏浄土因
>国土人天之善悪
建立無上殊勝願
超発希有大弘誓
・・・・・
とりあえず,最初の8句を調べてみたら>以外はありましたので,6/8=75%
7割以上もあるという結果に!!

というわけで,ちょっと阿弥陀経も!!

佛説阿弥陀経
如是我聞.>一時佛在.舎衛国.祇樹給孤独園.>與大比丘衆.>千二百五十人倶.>皆是大阿羅漢.>衆所知識.>長老舍利弗.摩訶目犍連.摩訶迦葉.摩訶迦旃延.>摩訶倶絺羅.>離婆多.>周利槃陀伽.難蛇.阿難陀.羅怙羅.賓頭盧頗羅堕.迦留陀夷.摩訶劫賓那.・・・・・

意外とある!!すごっ!専門用語には辞書が大切です.

葬儀という言葉

先日,木村拓也コーチが亡くなられ,本日,葬儀が営まれたというニュース報道がありました.

昨シーズンは,キャッチャー姿まで見られて,巨人ファンとしては,これからコーチとしてお願いしますという矢先で….命の大切さと無常さを感じます.

この葬儀という言葉.朝の民放では平然と告別式とうたっていたのに,さきほどNHKの19時のニュースでは「葬儀」とあり驚いたのですが….
これに驚いててはいけないのですが,,,

昨今,当たり前のように「告別式」という言葉が横行してまして….

別れを告げる.そこで終りにする.忘れるのが正解のような昨今.
忘れられなくてという言葉をよく聞きますが,それではダメなのでしょうか?

生き抜いた証に対して,きちんと向き合う意味でも,なんだか寂しさばかりが強調される「告別式」という言葉は使わないで欲しいなと願う日々です.

拝読 浄土真宗のみ教え

今日の命帰会で,
先日,本願寺出版社から発売された「拝読 浄土真宗のみ教え」を題材にお話を頂きました.

『拝読 浄土真宗のみ教え』の刊行にあたって
http://daionki.hongwanji.or.jp/shumon_02_6.html

この拝読ということについて,京都にいくとものすごく好評なのに,なんでか関東ではイマイチ人気がない….なぜだろうと思っていたのですが,なんとなく理由がわかった気がします.あくまでも個人的な見解なのですが….
それは,領解文です.
すっかり,触れなくなって久しいというと問題ではありますが,本当に触れなくなって久しい.お坊さんになるときに絶対に暗記するもので,いまでも覚えてはいるのですが….と弁解しても...

この領解文をどうするかというと,御門徒の皆様と共に称えるのです.
それは,行事だけではなく法事でも!!

あー.この文化がないからなのかーとおもったんですが,つまりお経を共に称えることはあっても,領解文を称えることがない.そんな気はないはずなのに,どこかでお経に呪文のような意味合いを含める行動をとってしまっていたのかと反省しました.

領解文はとにかくわかりやすい.そして,浄土真宗とは!というエッセンスがぎゅっと濃縮されているのです.その現代版が,このたびの「拝読 浄土真宗のみ教え」なのかーと.

なんか,大切さをやっと認識できました.

-----------------以下,領解文全文----------------------
 もろもろの雑行雑修自力のこころをふりすてて、一心に阿弥陀如来、われらが今度の一大事の後生、御たすけ候へとたのみまうして候ふ。
たのむ一念のとき、往生一定御たすけ治定と存じ、このうへの称名は、御恩報謝と存じよろこびまうし候ふ。
この御ことわり聴聞申しわけ候ふこと、御開山聖人(親鸞)御出世の御恩、次第相承の善知識のあさからざる御勧化の御恩と、ありがたく存じ候ふ。
このうへは定めおかせらるる御掟、一期をかぎりまもりまうすべく候ふ。

親鸞展

親鸞展が開催されます.

---------善然寺さんブログより転載------------
親鸞展のご案内
 4月28日(水)~5月10日(月)
  午前10時~午後6時半まで
  日本橋三越新館7階にて 
  入場料 一般・大学生800円、高校生・中学生600円(小学生以下無料)
  主催 東京新聞

五木寛之さんが書いた「親鸞」が大評判となり、このたび全国30か所で開催されるそうです。「阿修羅展」を設計したチームによる斬新なグラフィックも多様されていると宣伝されています。
--------------------------------------------

それとあわせて,
築地本願寺特別講演会 五木寛之『親鸞聖人の情(こころ)』
http://www.tokyo-np.co.jp/article/release/CK2010040102000056.html

 ◇日時 30日(金)午後6時
 ◇会場 築地本願寺本堂(東京メトロ日比谷線・築地駅下車)
 ◇入場料 1000円(当日支払い)来場者全員に日本橋三越で開催の「親鸞展」入場券をプレゼント
 ◇定員 700人
 ◇申し込み 往復はがきで12日必着。
 ◇主催 本願寺築地別院、東京新聞
 ◇協賛 若林佛具製作所、大成建設、三菱地所設計、松井建設、ハザマ

が,築地であるそうです.いくと入場券がもらえる!!
申し込んでみようかなー.

サクラサク

やっと五分咲きといったところです.

まだ,咲いたばかりなので大丈夫ですが….
この強風で散ってしまわないかと心配になります.

日進月歩

ついに,auからAndroid携帯が発表されました.

au初のAndroidスマートフォン「IS01」
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100330_kddi_android_is01/

これで,Docomo,SoftBankと全社でAndroidが出揃いました.

また,家庭用アンテナが各社から出て,電波が悪いところでも大丈夫となるようですが,,,こちらは,SoftBank以外はあんまりいらないというか,電波が普通に入ると思うんでいらないかなーと思うんですが….


そしてそして,ついにはSIMロック解除の流れも.
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0329&f=it_0329_002.shtml

携帯業界がかなり慌ただしいようです.
ニュースを追っかけるのも大変….

便利になればなるほど,過去に戻れなくなっていくんですよね….

体内時計

今日の法事はかなり優秀でした.何が優秀かといえば,法要の時間!
ぴったり36分.4回ともすべて!!

そして,御法話は毎回違うというか,雰囲気でいろんなお話をしているので,そういう意味でも本当にぴったりというのが,すごいなーっと.自画自賛しております.

また,今日のご法事は2件ほどお子様がお参りにいらしてくれました.
ここ,2週ほど,お子様が参加されているご法事がなく寂しかったので,とても有り難いご縁を頂きました!!

「非実在青少年・条例改正」

昨今,かなり話題であり,個人的にも行く末が気になる都の条例案です.
好きな漫画やラノベが規制対象となり兼ねないといよりも,大方の書籍が規制対象になりそうで,制定されてしまうと困るのですが….

椎名先生のブログにもありますが,どうも昨今は,アニメやゲームを好きだと犯罪者予備軍と思われてしまうこともあるようです.

そして,この話,かなりややこしいのですが,端的にいうと,
18歳未満に見えるキャラクターに対しての規制なのですが,この時点で,いろんなキャラクターが引っ掛かりそうです.
そして,それらのキャラクターが不健全であるとなると,販売できなくなるそうです.

ざっくり,まとめてますので,詳しくは
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%F3%BC%C2%BA%DF%C0%C4%BE%AF%C7%AF
http://kill-the-assholes.x0.com/honey_20100309.jpg
http://mitb.bufsiz.jp/
あたりを見ていただければと思います.

なぜ,こんなことを書いているのかといえば,この問題に対し,賛成か反対かということではなく,私たち人間がそんなに正しいことばかりできるのかという点です.
ここで,ふと思い出すのが,アニメの言葉ではありますが,
欲に格付けするから人間はややこしい
という言葉がありました.この欲には,性欲ももちろん含まれています.
ふと思い返してみますと,権威欲や金銭の欲に対してご法話を聞いたことはあるのですが,性欲という点においては,聞いたことがないように思います.

もちろん,あるからしょうが無いとかいうわけではありません.
重要なのは,死という問題に触れたときにも書きましたが,無くならないと認識しどう向きあうかということです.いくら,法律で規制しても人間は欲求を叶えるためには本当に前向きですし,それが思春期だったらその行動力たるやいかほどか・・・.

しかし,死よりも語られないということは,性欲は死よりもケガレとみなされているのでしょうか?無に帰せない凡夫である私たちは,統制という外れることもあり,外れた時が最も恐ろしい手段に頼ることなく,きちんと向きあって生きていくことが大切なのではないでしょうか.

桜がなかなか...

桜がなかなか,咲きそろいません.一応,開花と呼べる段階まできましたが...数%といったところでしょうか・

これでは,ライトアップしても様になりません.

暑さ寒さも彼岸までなのに,まだ,お彼岸が終わってないと思ってるんでしょうか・・・・.

冬物をいつ洗濯に出すか,そればかりが気がかりな毎日です...

見失ってはならないもの

最近,いろいろな面において,本来の姿を失いつつあるところに直面します.消費者ニーズにあわせるということが大きな目標としてあるとはいえ,本質を失ってしまったらおしまいです.
 お寺も活性化やボランティア活動への参画とか色々ありますが,本質は布教伝道です.そこがおろそかになったら,お寺じゃなくなっちゃいます.

 さきほども,一切の礼儀を失ってしまった葬儀社の方にお会いし,確かに昨今の合理主義や透明化という面では致し方ないのかもしれませんが,,,
 儀式を執行する側のあり方という,本来金銭では表せない部分が最も大切だと思っていたのですが….
 なんだか,そんな物質社会,消費社会の中にあって,プライスレスなことに意味を見いだせなくなっていることは,売り手側にも大きな問題があるのかなーと思いました.こんな景気では,そんなこともいってられないという声も聞こえてきそうですが….最後まで残るのは,心配りがある会社であって欲しいものです.

archive